道路管理業務の支援Support of road management business

道路情報管理業務

業務の目的

本業務は、道路の安全・快適な交通確保を目的として、平常時のみならず異常気象時や突発事象(落下物・路面異状など)発生時においても適切な道路管理を行うため、モニター監視・状況確認・情報収集により道路管理者の補助を行う業務です。

常時24時間体制で業務を遂行し、交通事故の発生を抑止するため道路管理者への迅速な報告ならびに道路利用者への適切な情報提供に努めています。

業務の内容

道路管理執務室に道路情報連絡員を配置し、国道上に設置されている気象テレメーター・監視用カメラ等からの情報収集、および道路トンネル等に設置されている非常警報装置による監視を行います。

また、高規格幹線道路の情報管理業務を24時間体制で行います。

異常気象時や突発事象発生時に、道路管理者が適切に対応できるよう、気象情報や道路状況を迅速に報告します。

これらの道路情報を、道路情報板・路側放送・電話などを通じて道路利用者に提供します。

道路防災診断等検討業務

業務の目的

本業務は、道路災害等の発生時、および道路防災カルテ点検の際に、事前に選定された各分野(岩盤・土質・構造・越波・雪氷など)の道路防災有識者による現地調査と対策等の助言・指導を受けるために必要な準備調整、及び技術的所見のとりまとめを行うことを目的とします。

業務の内容

災害発生箇所や道路防災カルテ点検箇所に対する現地調査及び検討会の実施にあたり、発注者との調整を行った上で道路防災有識者と現地に出動します。

さらに、現地調査及び検討会に際して、現地状況(発注者などからの説明内容)や道路防災有識者の技術的所見について取りまとめを行います。

現地調査・検討会に係わる業務実施フロー

  1. 発注者
    ‥‥現地への出動要請
  2. 当センター
    ‥‥出動に係わる準備調整
  3. 道路防災有識者
    ‥‥現地への出動(センター随行)
  4. 現地調査
    ※安全管理の徹底
  5. 検討会
    ※円滑な運営支援
  6. とりまとめ
    ※現地調査・検討会のとりまとめ

道路上からの現地調査

検討会の開催状況

橋梁診断業務

業務の目的

高度経済成長期に集中して建設された多くの橋梁等の道路構造物の高齢化が進む中、北海道の厳しい環境条件等によって橋梁等の劣化・損傷が急速に進行し、今後これらの更新や補修に要する費用が大幅に増大することが予想されます。

安全で安心な道路の機能を将来に渡って持続的に確保し、構造物のライフサイクルコストの縮減を図るためには、点検 → 診断 → 措置 → 記録 →(次の点検)という維持管理のサイクルを通じて、予防的な保全を効率的、効果的に進め、大切な資産である道路ストック(=資産)を長く大切に保全することが必要です。

橋梁診断業務は、定期点検結果に基づき損傷原因に関する所見をまとめ、対策を判定し、補修等の計画を策定することにより、重大な損傷や致命的な損傷に至る前に対策を実施し、構造物の長寿命化を図ることを目的としています。

業務の内容

本業務では、現地診断により、個々の橋梁の現状を把握し、補修時期の目安となる対策区分判定、及び健全性の診断を行い、これらの記録を一元管理・保存する「橋梁管理カルテ」を作成します。

また、橋梁診断結果に基づき、橋梁長寿命化修繕計画など維持管理に関する基礎資料を作成します。

  • 現地診断

    点検結果等の診断に必要な情報を得るために、定期点検対象橋梁に対する現地診断を実施します。

    現地診断では、橋梁の損傷概要および架橋環境を把握し、損傷原因や損傷の進行性の明確化のため、必要な部位・部材に対して近接目視診断を行います。

  • 点検結果等の診断

    定期点検要領に基づいて提出される点検業務の損傷程度評価結果及び上記現地診断結果に基づき、損傷原因や損傷の進行性を診断し、その後の対策が必要かどうかを判断し、「対策区分」というランクであらわす判定を行うとともに、部材の損傷が耐荷力など橋梁の機能に及ぼす影響を診断し、「健全性」についてランクであらわす診断を行います。

    また、部材の落下等による第三者事故を防止する措置を適切かつ効率的に実施する観点から、第三者被害予防措置点検結果に対する診断を行います。

    さらに、コンクリート橋の塩害については、症状が外観に現れたときには損傷が深刻化してしまっていることから、早期発見を目的とした塩害に関する特定点検結果に対する診断を行います。

  • 橋梁管理カルテの作成

    橋梁の維持管理のサイクルを適切かつ効果的に実施するためには、過去の点検・診断結果や補修履歴に基づき、点検計画や補修計画を策定し、着実に実施することが必要です。

    このため、定期点検結果、補修・補強結果、第三者被害防止措置及びコンクリート橋の塩害に関する特定点検等を記録する「橋梁管理カルテ」の作成を橋毎に行います。

  • 長寿命化修繕計画に関する基礎資料作成

    予防的な修繕等による機能の保持、回復や耐震補強等により求められる機能の確保を行い、施設に求められる性能を保持する期間を延ばすため、道路管理者によって橋梁長寿命化修繕計画が策定されます。

    計画前年度までの診断結果に対し、塩害、凍害、凍結防止剤散布など北海道特有の損傷に着目した損傷傾向の分析等を行った上で、長寿命化修繕計画等の策定に必要な基礎資料を作成します。