道路防災エキスパートDisaster prevention expert for road

道路防災エキスパート

道路防災エキスパートとは(制度の設立目的)

道路に関わる災害が発生、または発生の恐れがある場合、被害拡大を抑える、または未然防止のため、一刻も早く道路管理施設や公共土木施設の現況(損傷状況)把握を行うことが重要です。

しかしながら、特に大規模災害の発生時には、道路交通網や通信手段が寸断され、情報収集にあたる人員の不足が懸念されます。

このような際、道路管理について専門的な知識を有し、道路情報の迅速な収集・通報の支援活動を自主的あるいは要請を受けてボランティアで行うのが「道路防災エキスパート制度」です。

加えて、平常時には、このような災害発生時の迅速・円滑な対応に向けて各地域で定期的に「道路防災エキスパート連携会議」を開催し、また、「道路防災エキスパート講習会」や防災訓練等への積極的な参加により、道路防災に関する最新情報・知識の習得、自己研鑽に努めています。

さらに近年では、道路防災エキスパートのもつ豊富な経験とノウハウを次世代に伝えるため、各地域で「道路防災エキスパート講座」を開催する等、技術の伝承にも積極的に取り組んでいます。

当センターでは、これら災害時・平常時一連の活動を円滑かつ安全に進めるための事務局運営を担当しています。

道路防災エキスパートの活動内容



想定する災害 おもな活動内容
土砂
災害
  • ・土砂崩落又は崩落の危険性
  • ・路肩崩壊又は崩壊の危険性
  • ・法面の異常、変状
①現地被災状況等の把握及び報告 ②危険箇所の見回り
⇒法面の異常、変状及びその状況
雪害
  • ・雪崩の発生又は発生の危険性
  • ・豪雪、吹雪による交通障害
③雪崩発生危険箇所の点検
⇒積雪法面の異常、変状及びその状況
地震
  • ・地割れ、陥没
  • ・道路構造物の損傷
  • ・土砂崩落、路肩崩壊
  • ・法面の異常、変状
④危険箇所の点検
⇒法面、道路、構造物
風水害
  • ・出水、冠水
  • ・橋梁等の洗掘
  • ・法面の異常、変状
  • ・倒木、倒壊物等による交通障害
  • ・強風、越波等による交通障害
⑤特定箇所の見回り
⇒法面、道路、構造物


  1. ①各開発建設部との連携会議の開催
  2. ②関連する講習会、講演会、訓練などへの参加
  3. ③道路防災エキスパート講座の開催
  4. ④地域ボランティア活動への参加
  5. ⑤日常時からのコミュニケーションの構築

制度の設立経緯

平成7年1月に発生した阪神・淡路大震災では、行政機関も甚大な被害を受け、職員自らも被災しました。そのため、初期段階における情報収集については、行政経験のある技術者などのボランティア活動が大いに役立ち、これを契機として、行政支援を趣旨とした「防災エキスパート制度」についての検討が開始されました。

平成8年度には、建設省(当時)の重点施策として、「防災エキスパート制度」が設立され、北海道開発局では平成9年1月に当センターを窓口として当該制度を自主的に設立しました。

また、平成15年の台風15号や十勝沖地震など大規模災害の経験から、北海道開発局 防災業務計画に「道路防災エキスパートの活用を図る」と明記され、平成17年1月、北海道開発局長通達「北海道開発局 道路防災エキスパート制度の要綱」が策定されました。

これに基づき、北海道開発局からの依頼を受け、当センターに「道路防災エキスパート事務局」を設立し、現在に至っています。

組織構成・登録人数と活動上の留意事項

災害時の迅速な対応が求められる道路防災エキスパートは、全道を9つの地区に分轄し、さらに札幌地区のみは10グループに分けた上で、居住地などを考慮してそのいずれかに所属する体制としています。

現在の登録人数は215名(平成29年12月 現在)で、近年、ほぼ横ばい傾向となっています。

道路防災エキスパートは、個人の自由意思で参加するボランティア活動です。報酬や費用の弁償はありませんが、その活動に際し、万が一に備えて当センターが傷害保険と賠償責任保険に加入しています。

また、道路防災エキスパートの活動には、所属企業等の理解が必要です。ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

災害時の連絡体制

全道9地区それぞれでは、「リーダー」「サブリーダー」を1名ずつ選任し、さらに札幌地区の10グループについては、「連絡グループリーダー」を2名ずつ選任しています。

リーダーは、エキスパート出動要請の窓口や各エキスパートとの連絡調整、開発建設部職員と連携し、災害時の状況や開発建設部のニーズに応じて各エキスパートの活動をコーディネートする役割を担います。

サブリーダーは、リーダーを補佐します。

道路防災エキスパート事務局では、地区・グループ別のエキスパート名簿、連絡先の一覧をはじめ、災害時の連絡体制図や携行品リスト等を整理した「道路防災エキスパートハンドブック」を作成し、全てのエキスパートに配布しています。

道路防災エキスパートハンドブック 改訂版

道路防災エキスパートハンドブック 改訂版

災害時の活動実績

平成9年から現在までの、災害等による出動実績は延べ15回となっています。

平成15年9月の十勝沖地震の発生時には、余震の続く中、管内の巡回を実施して関係部所より感謝の意をいただきました。

また、平成24年5月の国道230号 中山峠土砂災害、平成26年9月の国道453号 支笏豪雨災害では、開発建設部長より感謝状を贈呈いただきました。

No 出動年月 災害名称、出動概要
1 平成 9年 8月 国道5号 八雲町野田追橋の災害(函建)で 10名出動
2 平成 9年 8月 国道229号 島牧村第2白糸トンネル災害(樽建)で 10名出動
3 平成10年 9月 帯広管内 台風5号災害(帯建)で 5名出動
4 平成11年 8月 国道229号 豪雨災害(樽建)で 4名、(函建)で 3名出動
5 平成15年 9月 十勝沖地震災害(帯建)で 7名出動
6 平成18年10月 北見豪雨災害(網建)で 3名出動
7 平成20年 6月 北海道洞爺湖サミットに向けた支援活動
(国道230号 道路点検パトロール 【札幌地区・小樽地区・室蘭地区】)で 17名出動
8 平成22年 8月 国道229号 豪雨災害箇所点検(函建)で 3名出動
9 平成24年 5月 国道230号 中山峠土砂災害に伴う点検(札建)で 10名出動
10 平成25年 4月 国道452号 西芦別路面変状(札建)で 6名出動
11 平成25年 4月 国道230号 中山峠法面災害(札建)で 10名出動
12 平成26年 8月 大雨で被災の名寄市・美深町へ派遣したTEC-FORCE(旭建)に同行し 2名出動
13 平成26年 9月 国道453号 恵庭市奥漁他の橋梁損傷・土石流災害(札建)で 延べ 34名出動
14 平成27年10月 国道232号 留萌市三泊 越波災害(留建)で 1名出動
15 平成28年 1月 低気圧による暴風雪・大雪・高潮への対応(釧建)で 2名出動
16 平成28年 6月 平成28年6月16日内浦湾を震源とする地震災害対応(函建)で延べ12名出動
17 平成28年 7月 平成28年7月31日上川地方の大雨に伴う出動要請(旭建)で2名出動
18 平成28年 8月 平成28年8月北海道豪雨による被災状況調査(網建)で延べ22名出動
19 平成28年 8月 平成28年台風10号による被災状況調査(帯建)で延べ11名出動
20 平成29年 1月 国道232号 留萌市三泊 越波による通行止め解除の現地確認(留建)で1名出動
  1. No.1野田追橋 : 国道5号 八雲町

    野田追橋の被災状況

    平成9年8月10日に発生。午前5時に連続降雨量190mmの大雨により、野田追川が増水して野田追橋の橋脚の下が洗掘され約1m垂直に沈下し、上部形式のコンクリート桁がV字に傾斜して車両の通行が不可能となった。

  2. No.2第2白糸トンネル : 国道229号 島牧村

    平成9年8月25日、南側坑口付近で大規模な岩盤崩落が発生。崩落体積は約42,000m3で函館側の巻出し部114m、擁壁部12mの計126mが損傷。2回目の崩落は 8月28日に発生し、崩落体積は約14,000m3で、合計56,000m3の崩落規模であった。

  3. No.3帯広管内 台風5号災害

    平成10年9月16日、午前8時45分に十勝全域に大雨洪水警報が発令された。広尾町の総雨量は352mm(20時間)、時間最大雨量 68mm(15~16時)であった。

  4. No.4国道229号 豪雨災害 : 八雲町、熊石町

    平成11年7月30日に発生した台風7号の影響により、8月2日までの総雨量は、八雲町で237mm(時間最大23mm)、熊石町で249mm(時間最大26mm)であった。

  5. No.5十勝沖地震災害

    平成15年9月26日 午前4時50分に発生。地震の規模はマグニチュード 8.0で、十勝管内中部・南部の震度は最大で6弱であった。

    震源地は十勝沖で震源深さは45km。主な国道被害は国道38号・336号 豊頃町十勝河口橋で桁端部が最大70cmの横ずれが認められた。国道242号 池田町千代田大橋では、RC橋脚のひび割れや被りコンクリートの剥離等が認められた。

  6. No.6北見豪雨災害

    平成18年10月7~9日に発生した低気圧によりオホ-ツク海側を中心に記録的な大雨となった。国道333号 北見市北陽地区では、観測以来の最大値283mm/45時間を記録した。

  7. No.8国道229号 豪雨災害

    平成22年7月29~30日に発生した低気圧により、日本海側を中心に集中豪雨となった。国道229号では、土砂流出等の災害が多数発生した。

  8. No.9国道230号 土砂災害:中山峠

    国道230号 土砂崩れ状況

    平成24年5月4日、気温上昇に伴う融雪と降雨が重なり、国道230号 中山峠の札幌側において、地すべりおよび土砂崩れが発生した。

  9. No.10国道452号 路面変状 : 西芦別

    発見時の路面変状の状況

    平成25年4月9日、国道452号 芦別市西芦別で路面変状が確認され、通行止めを開始、専門家による現地調査が行われた。

    その後、札幌開建より道路防災エキスパートの出動要請があり、4月14~16日の3日間で、延べ 6名が出動し、現地確認および事務所への報告が行われた。

  10. No.11国道230号 法面災害:中山峠

    現地施工状況の確認

    平成25年4月7日、国道230号 札幌市中山峠で地盤変状が確認され、通行止めを開始、専門家による現地調査が行われた。

    その後、札幌開建より道路防災エキスパートの出動要請があり、4月15~24日の5日間で、延べ10名が出動し、現地確認および事務所への報告が行われた。

  11. No.12TEC-FORCE出動への同行

    初音橋(名寄市)の被災状況調査

    平成26年8月5日に発生した低気圧に伴う大雨対応のため、名寄市及び美深町からの派遣要請のもと、翌日の8月6日には旭川開発建設部のTEC-FORCE隊が緊急対策派遣として出動した。

    被災箇所は、初音橋(名寄市)と辺渓水源橋(美深町)の2箇所で、それぞれ5名のTEC-FORCE(道路班)が被災状況調査を実施した。

    旭川開建より道路防災エキスパートの出動要請があり、8月6日と9日の2日間で延べ4名がTEC隊に同行し、被災状況調査などをサポートした。

    平成27年1月には、旭川開発建設部長より道路防災エキスパートへ感謝状が贈呈された。

  12. No.13国道453号 支笏豪雨災害

    徒歩点検の状況

    道路エキスパート20名が
    感謝状を受贈

    平成26年9月11日未明から明け方にかけて、支笏湖周辺を中心に局地的な集中豪雨となり、北海道初となる特別警報や避難勧告などが各地で発令され、支笏湖畔で1時間降水量は最大70mmを記録し、総雨量379mmに達した。

    札幌と支笏湖を結ぶ国道453号では、十数カ所におよぶ土砂崩れや土石流が発生。道路の寸断、橋梁の損傷など数々の被災により28日間の通行止めとなった。

    その間、札幌開建より道路防災エキスパートの出動要請があり、9月24~26日の3日間で延べ34名が出動、現地の徒歩点検を実施し、被災状況の確認および報告を実施。

    上記エキスパートの活動に対し、札幌開発建設部長から感謝状が贈呈された。

  1. No.14国道232号 越波災害

    R232留萌市三泊地区
    越波による通行止め

    平成27年10月2日~3日に急速に発生した低気圧の影響により、国道232号(留萌市三泊地区他)において暴風と高波が発生し、留萌開発建設部より道路防災エキスパートの出動要請を受けた。

    10月3日午前に、エキスパート1名が越波の回復状況を現地で確認し、規制解除の判断に関して、開発局職員へ助言とサポートを実施。

  2. No.15低気圧による暴風雪・大雪・高潮対応

    今後の対応について協議を実施

    平成28年1月19日未明に発生した低気圧に伴う暴風雪・大雪・高潮対応のため、釧路開発建設部からの派遣要請のもと、中標津道路事務所内において「気象状況の把握と今後の対応について」開発職員と共に、釧路地区道路防災エキスパート(2名)が協議を行った。

    低気圧の通過に伴い、大雪・暴風雪が発生し、管内においては、1路線(国道244号)のみ、通行規制(通行止め)を実施した。

    国道272号(中標津~中茶安別)において、天候や視界状況および除雪状況確認などの現地パトロールを実施し、その結果を帳票に取りまとめ、中標津道路事務所へ報告した。

  3. No.16内浦湾を震源とする地震対応(函建)

    過去に落石が発生した箇所の確認

    平成28年6月16日14時に内浦湾を震源とした震度6弱(函館市川汲町)の地震が発生した。これにより落石などの恐れがあったことから、道路重点巡回として函館地区の道路防災エキスパート(延べ12名)が、6/18~21の4日間の活動を行った。

  4. No.17国道239上川地方の大雨に伴う出動

    道路法尻の浸食状況

    平成28年7月31日~8月1日に発生した上川地方の大雨の影響から国道239号幌加内町添牛内地区にて国道に隣接する早雲内川の水位が上昇し、路肩洗掘および路面冠水となり、2日間に及ぶ通行止め規制(L=40km)となった。

  5. No.18平成28年8月北海道豪雨による出動

    訓子府IC:仮復旧の指導

    北海道付近に停滞していた前線に向かって暖かく湿った空気が流入したため、網走管内では断続的に雨が降り続け、8月17日~23日の1週間には、3つの台風が上陸し道東を中心とした大雨により河川の氾濫や土砂災害が各地で発生した。

  6. No.19平成28年台風10号による被災状況調査

    被災状況の現地確認

    平成28年8月17日~23日の1週間に3つの台風(7号、11号、9号)が北海道に上陸し、29日には台風10号から変わった温帯低気圧の影響で十勝地方と上川南部で記録的な大雨が観測された。

    河川の氾濫や橋梁の損壊・道路法面崩壊などにより国道274号日勝峠ほか管内4路線で通行止めが発生し、4つの台風による災害は国の激甚災害として指定された。

  7. No.20越波による通行止め解除の現地確認

    通行止め解除に向けた現地確認

    平成29年1月28日、発達した低気圧と寒冷前線の通過により、日本海側で暴風雪と高波が発生し、この影響により留萌開建が所管する国道232号では、「越波の恐れ」による通行止め規制を実施。

平常時の活動実績

道路防災エキスパート連携会議の開催

札幌地区以外の全道8地区では開発建設部毎に、札幌地区では札幌開発建設部の5道路事務所毎の計13箇所において、「道路防災エキスパート連携会議」をそれぞれ1年に1回開催しています。

道路防災エキスパート連携会議の開催状況

道路防災エキスパート講習会や防災訓練等への参加

全道の道路防災エキスパートを対象に、有識者や行政の防災担当者などを講師として「道路防災エキスパート講習会」を1年に1回開催しています。

また、北海道開発局が各地で実施する防災訓練について、実際の災害発生時における支援活動を想定し、道路防災エキスパートも積極的に参加しています。

道路防災エキスパート講習会の開催状況(札幌市内)

北海道開発局TEC-FORCE訓練への参加(中川郡幕別町)

道路防災エキスパート講座の開催

道路防災エキスパートが有する豊富な経験とノウハウを次世代に伝える(技術の伝承)ため、各地域で「道路防災エキスパート講座」を開催しています。

道路防災エキスパート講座は、下表のとおり2つの開催形式に大別され、そのいずれか、あるいは両方を併用する等、柔軟な運用としながら、随時、見直しを図ってゆく方針です。

道路防災エキスパート講座の開催形式
▼講習会形式
講師(道路防災エキスパート)が特定のテーマ(自身の失敗例・成功例 等)について講演。
▼意見交換形式
講師(道路防災エキスパート)を数名の参加者が囲み、特定のテーマや自由な話題について討論。

道路防災エキスパート講座(意見交換形式)の開催状況

道路防災エキスパートのロゴマーク

道路防災エキスパート(DIsaster Prevention Expert for Road)の頭文字
DIPER」とし、ボランティアとして道路を守るイメージを意匠としています。